健康診断・二次検診・検診異常について

健康診断について

当院では健康診断を受け付けています。身体診察、尿検査、血液検査など、「どの項目を行うか」によって料金は異なります。2000-10000円ほどの幅があります。

企業の検診も行っています。出来る限り待ち時間が少ない日時をご案内しますので、窓口にお問い合わせ下さい。


お待たせしましたが、2020年7月より特定健診を始めます。

特定健診の費用負担は高齢者は無料ですが、会社、年齢などにより負担が異なります。お手持ちの文書をご参照ください。

通常の健診と異なるのは、「項目が自分で決められないこと」です。各個人のリスクによってできる検査が規定されております。

特定健診は江口 仁副院長が担当します。江口 敏院長は原則担当いたしません。
訪問診療の都合もあり、原則予約制とさせて頂きます。御理解の上予約して頂ければ幸いです。

参照:特定健診の厚生労働省のHPhttps://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161103.html

まずはお電話ください。外来が空いている場合は当日にご案内できることもございます。

当院の健康診断で大切にしていること

健康診断も可能な限り科学的根拠に基づいて施行します。不安の押し売り、過剰な健診は避けつつ、適切な項目の健診を目指しますのでご相談ください。

医療の賢明な選択(Choosing Wisely)を目指します。Choosing Wiselyについては下記記事をご参照ください。


二次検診・検診異常について

二次検診・検診異常にも対応しています。二次検診の際の留意点を記載しています。ご参照ください。

職場より受診勧奨が出て受診される方が増えました。しかし、初診後、必要な定期受診が出来ないことも多いです。ご留意ください。


血圧高値

数日間でも家庭血圧を測定して頂けると診断の助けになります。採血でホルモンのチェックを行う場合は診察時間が長く、費用もやや多くかかります。

高血糖、血糖高値、中性脂肪高値、高コレステロール血症、高脂血症

検診後ダイエットしてから受診すると判断材料が増えます。家族歴も重要ですので、親類に高コレステロール血症や心筋梗塞の病歴がないかご確認ください。

肝機能障害

B型肝炎やC型肝炎、年代、性別、経過やデータ次第では膠原病のチェックも行います。形態の評価のため腹部エコーを行うことが多く、絶食での来院を推奨します。

胸部レントゲン異常

胸部単純CTでの精密検査が必要です。ご希望があればレントゲンで初期評価後、CTの医療機関をご紹介できます。

尿検査異常

尿検査の再検査が必要です。おしっこをためて来院して頂けるとスムーズです。また、形態的な評価目的にエコーを行うことがあります。絶食での来院をおすすめします。

Choosing Wiselyとは、ゼロリスクを避け、不安な感情をコントロールすることにより適切に医療を利用することです。

Choosing Wiselyについて https://choosingwisely.jp/

Choosing wiselyの健康診断について https://choosingwisely.jp/service/

小泉 俊三先生によるChoosing wiselyの記事 https://www.jstage.jst.go.jp/article/naika/105/12/105_2441/_pdf

*小泉 俊三先生は佐賀大学医学部附属病院総合診療部の前教授で、大学勤務時代に大変お世話になりました。