痛風・高尿酸血症

当院の治療のポイント

痛風・高尿酸血症は左記のガイドラインに準じて治療をしています。健康診断では、比較的低めでも指摘されることがあります。そのため、初回の診察で投薬はせず、生活指導のみで終了することがあります。

遺伝性について

高尿酸血症は「遺伝性・体質」が60%ほど影響していると言われています。生活指導のみでは改善できないこともあります。

そのため治療を開始すると半永久的に内服する方が多くなります。

生活のポイント

食事:高プリン食を避ける(レバーや干物など)

飲酒:ビールを減らす

水分:その他の病気がない人はまずは2L目標に飲む