糖尿病

糖尿病の患者さんは徐々に増えつつあります。

佐賀市、佐賀県でも、糖尿病治療の重要性は認識されています。

厚生省HP:https://www.mhlw.go.jp/www1/topics/kenko21_11/b7.html

佐賀県HP:https://www.pref.saga.lg.jp/kiji00359929/index.html

2021/01/21 発表された日医総研の報告書、ビッグデータからみた生活習慣病(NCD)の実態でも、”40-64歳の働く世代では糖尿病がある場合、脳梗塞のリスク比は11を超え、急性心筋梗塞のリスク比は13を超えていた”とされており、労働世代の糖尿病の治療は更に重要視されています。

インスリン

当院では、インスリンやGLP1(オゼンピック®、トルリシティ®など)などの注射薬での治療も行っています。インスリンによる治療は、病気の状態だけでなく、生活への負担や効果を考えて注射の回数や血糖測定の回数を患者さんが納得できる形で調整しています。

なぜ糖尿病の治療が大切か

糖尿病の中には、遺伝や体質が主な原因のときと、生活習慣が主な原因のときと2つあります。どちらも治療が必要です。「おりゃー、好きにして死ぬときは死ぬばい」そういう患者さんは沢山見てきました。心筋梗塞になったときに「言われたとおり、死ぬときがやってきました。」と聞くと、やはり生きたいと言われます。網膜症になったときに「運転できなかったら困るばい。」「テレビも見れないで、つまらん。」と言われます。心筋梗塞などの一部の疾患は急死することがあります。通常、現代医学で多くの人はこの状態から救われますが、後遺症を抱えて過ごすことになります。心筋梗塞の場合は心不全、脳梗塞であれば片麻痺です。

「健康寿命が減ってしまう」ということです

治療で大切にしていること

1.食事療法、運動療法を強く推奨します

「糖尿病は良くなったけど、太って膝が痛くなって動けなくなった。」などが無いように、バランスを意識して治療をしていきます。トータルバランスを目指した治療には、食事療法や運動療法は絶対に必要です。健康寿命を、その他の疾患の予防を考えると絶対に必要です食事療法も一概には言えないんですね。年齢、体質(インスリンが出ているか、遺伝性が強いか)や体重、生活のリズム(独身、単身赴任、営業や介護疲れ、育児)などで変動します。

2型糖尿病の診断であれば食べすぎ、体重が多いときは総カロリー量を意識すると良いですね。テレビやネットでは○○が糖尿病に良いらしい!!Xさんが糖尿病の人は○○を食べたらダメって言っていた。などの情報が錯綜しています。しかし、食事療法がうまくいくかの一番のポイントは「総カロリー量」です。テストのイメージでは……総カロリー量が試験のヤマです。ここから8割でます。個別の○○を食べるかは試験の出題範囲は5点ほどです。総カロリーが気になる人への食事は……「図書館に行って調べましょう!!」です。1つの食事療法ではやっぱり飽きてしまいます。カロリーが記載されているレシピをうまく組み合わせると良いでしょうね。

.もちろんガイドラインを遵守します

改定されるガイドラインを遵守出来る、目標値を超えられるようにサポートします。ガイドラインが改定されました。2019年のガイドラインが提示されています。

http://www.jds.or.jp/modules/publication/index.php?content_id=4 是非一緒に勉強しましょう。

.低血糖を減らします

低血糖は高血糖と同レベルに脳へのダメージが大きいことが分かってきています。そのため、内服薬も低血糖が起きにくい薬剤が開発されています。勤務医のときには低血糖脳症(意識障害が持続)した患者さんも見てきました。

リブレ®の取り扱いを開始しました

2020年4月より2型糖尿病でも、1日2回インスリンを打っている人はリブレを使えるようになりました。リブレはセンサーを常時貼り付け、Bluetooth機能を使って血糖値を表示する機械です。今まで血糖測定は、多いと一日3~4回「消毒」「穿刺」「測定」が必要でした。しかし、リブレは2週間に一度の「消毒」「穿刺」ですみます。血糖の推移が凄くわかりやすくなるので低血糖を繰り返している方にもおすすめです。江口医院でも複数人の方が使用されていますが、止めたいと言われるかたは現在おられません。メーカーさんや近隣のDrの話では、一度始めて辞める人は5%くらいとのことで、皆さん助かっているようです。ただし、費用負担も増えてしまいます。3割負担の方で1200円/月程度、1割負担の方で400円/月程度必要になります。只今、導入は院長の江口 仁医師のみが取り扱っています。納入に1週間ほどかかりますのでご希望の方はご連絡頂ければ幸いです。

江口 仁医師の外来表